ホントは皆、かまってちゃんなのです・・より良い人間関係を築くためのヒントとは?

こんにちは!

 

子育て終了後の生き方がわからない
40~50代女性の方へ
【アートセラピー×心理学】

 

ぬり絵を取り入れた心理学講座を
プライベートで開催している
色彩心理カウンセラー中村真弓です。

 

↑ご主人との関係が気がかりだった方のぬり絵です

 

人との関わり・・と
ひと口にいっても
親子、夫婦、友人、職場・・など
いろいろありますよね。

 

人と関わるときに
どのような関わりや働きかけをすると
より良いコミュニケーションになるのか?

 

今日は、
交流分析の中の「ストローク」という
言葉を使って、そのヒントについて
私なりに書いてみたいと思います。
ホントはみんな、かまってちゃんなのです~~

 

心が落ち着く人間関係は・・

 

まずストロークとは何か?というと、
相手の存在を認めるような
関わりや働きかけ…
だと思ってください。

 

ストローク=関わりや働きかけは、
人が生きていくために必要なもので、
心身の成長にも大きく影響します。

 

ストロークには、
いくつかの種類があります。

 

例えば、
関わっている相手が、
優しく話しかけてきたり、
ちょっとしたことをほめてくれたり、
落ち込んでいたら励ましてくれたり・・

 

または、実際に、
話しかけられていなくても、
優しい眼差しでこちらを見ていたり、
目が合ったときにニコッと笑顔だったり、
あなたが話しているときに
うんうんと、うなずいてくれたり・・

 

さらに、
握手したり、ハグしたり、
子供だったら抱っこしたり、なでたり・・

 

・・してくれたら、
どのような気持ちになるでしょうか?

 

このような関わり・働きかけのことを
肯定的なストロークといいます。

 

肯定的なストロークは、
心が落ち着くし、
あたたかい気持ちになりますし、
安心して、相手との関わりが持てますよね。。

 

肯定的なストロークの場合、
相手は、
私は大切にされているな~
価値があると認められているな~
と、喜びや自信を感じます。
人間の心身の成長にとても役立つものです。

 

心がざわつく人間関係は・・

 

では、逆に、
関わっている相手から、
怒鳴られたり、
けなされたり、
悪口を言われたり・・

 

または、実際に、
怒鳴られていなくても
にらまれたり、
目が合った瞬間そらされたり、
無視されたり・・

 

さらに、殴る、蹴る、叩く・・

 

されたら、どんな気持ちになるでしょうか?

 

このような関わり・働きかけのことを
否定的なストロークといいます。
いい気持ちになる人はいませんよねあせあせ (飛び散る汗)

 

心がざわついて、不安になり、
ビクビクしながら相手と関わることになります。

 

私は認められていないんじゃないか?
嫌われているんじゃないか?と、
自信を失って、憂鬱な気分を感じます。

 

条件つき or 無条件のストローク

 

さらに・・

 

100点取ったらいい子だわ~
お片付けできないのはダメな子!
など、

 

肯定的な条件、否定的な条件を
クリアしないと関わりが得られない、
となると、どうでしょうか?

 

このような条件付きの関わり、
働きかけのことを
条件付きのストロークといいます。

 

しつけにはこういった条件付きの
ストロークはある程度必要ですが、
※相手をコントロールする場合にも有効ですね・・^^;

 

条件付きのストロークばかりだと、
条件を満たすためにひたすらがんばり、
ストロークをもらう、

 

つまり、相手の評価ばかりが気になり、
条件を満たせないと自分はダメだ・・と
自分を見失っていくことになります。

 

しかし、、

 

あなたがいてくれるだけで幸せ・・
そのままのあなたが好き・・など、
条件のない関わり・働きかけ
無条件の肯定的なストローク
だといかがですか?

 

あなたがいるだけでイヤ・・
何をしてもあなたを認めない・・という、
無条件の否定的なストローク
もありますが・・

 

心が落ち着き、安心し、喜ぶ関わりは、、
もちろん!
無条件の肯定的なストローク
ですよね。

 

かまってほしいときは・・

 

そうはいっても、常に
無条件の肯定的なストロークばかりで
人間関係が成り立っているわけではありません。

 

肯定的なストロークが少ない場合は、
どうなるのか・・というと、、

 

人は、
否定的なストロークでもいいから欲しい!
と思うようになっていきます。

 

例えば、
親からの肯定的なストロークがない子供が
駄々をこねて、親の注意をひく。

叱られてもいいから、
否定的なストロークでもいいから欲しい・・

 

よく見かける光景ですが、
この繰り返しばかりになると、
ストロークをもらうには
駄々をこねること!
と子供は学習してしまいます。

 

周りが気になり、自分を見失う

 

上記のようなストローク=関わり・働きかけ
お金を貯金するように、
心の中に溜められていると言われています。

 

肯定的なストロークの残高が多ければ、
人に対しても肯定的なストロークを
与えることができます。

 

肯定的なストロークの残高が減ってきて
なくなってしまうと、
否定的なストロークを与えるように
なってしまいます。

 

そのストロークの貯金を
うまーいこと出し惜しみしながら使うと、
相手をコントロールすることができます。

 

例えば、
子供にストロークを与えない親が、
いい子にしてたら遊んであげる!
という使い方をしていたとします。

 

親は、肯定的なストロークは
子供がいい子にしていたときだけ・・
にして、出し惜しみをするわけです。

 

すると子供は、めったにない
親からのストロークが欲しいので、
親の要求するように振る舞い、努力し、
いい子でいるようにする・・
=親は自分の思い通りになる

 

この状態のまま大人になると、
常に
誰かの要求に従って振る舞い、
努力し、
いい人でいるようになってしまう・・

 

つまり、
周りの人の評価ばかりが気になり、
自分を見失い、
主体的に考えて行動することが
できなくなってしまうのです。

 

思い込みから作られる状況

 

このような環境で育った方は、
条件が満たされないと、
ストロークは受け取ってはいけない
と思い込んでいる可能性大!

 

そのままの自分=条件を満たしていない自分
に対して、
肯定的なストロークがきた場合でも
それを受け取ってはいけないような気がして
素直に受け取ることができません。

 

このような方の場合、その他にも、

1、与えても良いストロークを人に与えない
 →優しくしようと思ってもできない等

2、欲しいストロークがあっても求めない
 →条件を満たさないと求めてはいけないと思い込んでいる等

3、欲しいストロークが来ても受け取らない
 →条件を満たさないと受け取れないと思い込んでいる等

4、欲しくないストロークが来ても断らない
→嫌なのにイヤと言えない、断れない等

5、自分自身にストロークを与えない
 →自分が楽しんではいけないと思い込んでいる等

 

という状況になることが多いのです。

 

思い込みを手放して・・

 

本当の自分、心や気持ちに正直に、
そしてのびのびと生きていくのに
必要なことは、
上記の1~5を打ち破ることです。

 

1、素直にストロークを与えよう
→笑顔で話したり、優しくしてみましょう

2、欲しいストロークは求めてみよう
→辛かったら助けてもらいましょう

3、望んでいたストロークは受け入れよう
→ありがとうと感謝して素直に受け入れましょう

4、欲しくない否定的なストロークは断ろう
→嫌なストロークは受け取らなくてもOKです

5、自分自身にもストロークを与えよう
→自分でがんばった!と認めねぎらう、楽しいことをする等

 

まとめ:完璧じゃなくてもいい

 

肯定的なストロークが得られない場合は、
自分で自分にストロークを与えればOK!
なのです。

 

今日は頑張ったよね~とか・・
自分へのご褒美!とか・・
ワクワクすることをして
楽しい気分になる!とか・・

 

そして、
肯定的なストロークの貯金ができると、
相手にも素直に与えられるようになり、
相手に与えていると、
相手からも肯定的なストロークが返ってきます。

 

すると・・
肯定的なストロークの貯金が
いっぱいたまってくるので、
心が安定した状態で、
人と関わることができるようになっていきます。

 

そうなると、
自然と人間関係もより良いものに
なっていきます♪

 

でも、中には、
どうしても完璧でなければ
自分にOK!が出せない方、いらっしゃいます。

 

ホントはね、
完璧にできていなくてもいいのです。
完璧な人なんていないのですから・・

 

どうしても、自分にOK!が出せない方へ、
私があなたのステキなところを
たーくさん見つけます!

 

そして、元気になっていただきます!
気になったあなたは、
ぜひ一度体験セッションにお越しください。

 

・・・・・・・・

選んだ色で今の心の状態がわかるカラーセラピー
LINEのお友達追加で無料プレゼント中!

・・・・・・・・

気づきが得られる心のお話を週1~2回配信
無料メルマガご登録はこちら>>

・・・・・・・・

↑LINEご登録orメルマガ読者限定↓
体験セッション半額:60分1万円5,000円!

体験セッション詳細はこちら>>

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください