子供の絵が暗い色ばかり・・明るい色を使っている方がいい?!

こんにちは!

 

子育て終了後の生き方がわからない
40~50代女性の方へ
【アートセラピー×心理学】

 

ぬり絵を取り入れた心理学講座を
プライベートで開催している
色彩心理カウンセラー中村真弓です。

 

 

寮を出て、一人暮らしを始めた長男。
親として、やっぱり心配なのは食事。。

 

コンビニ弁当ばっかりになるんじゃないか?
体を壊すんじゃないか?・・
と、心配していました。

 

ところが、凝り性の長男は・・?!
幼い頃から凝り性の長男、
幼い頃に凝っていたことは、
意外にも色彩心理と関係がありました。

 

一人暮らしの長男が自炊にハマる・・

 

ある日、長男からのラインで

 

みて

 

と、送ってきた写真がこちら・・↓↓

 

朝食用のリンゴと、夕食用のブロッコリー。

 

ブロッコリーとほうれん草は一緒に入れてもいいよね?
という、意味不明な質問が来ました。

 

要するに、ストックしておくのに、
ブロッコリーとほうれん草は、
一緒にストックしていいのか?ということだったのですが・・(笑)

 

その後、何回か意味不明が質問が続くな~と
思っていたら・・

 

「毎日、作った食事を撮っているんだ~」
と送られてきたのがこちら・・↓↓

 

えぇ~~
意外とちゃんとやっているじゃないの~?!

 

ある企業の研究所に勤める長男。
1つのことに凝り出したら、
研究しちゃうタイプなので、
今はたぶん料理男子となっているのでしょう。

 

いつまで続くかわかりませんが、
まずは、母としては一安心。。

 

黒ばかり使って書いていたのは・・

 

こういう風に凝り性なのは、幼い頃から。

 

一時期、迷路を書くことに
ハマっていた時期がありまして・・
小学生のころだったかな?
ヒマさえあれば、黒い鉛筆やペンで
迷路ばかり書いていました。

 

↑こんな感じのです・・

 

私は、まぁ~細か~~く、
それも正確な迷路をたーくさん書くので、
こういう黒い、
細か~~いものを書くなんてどうなの?
と思って、見ていました。

 

もっといろんな色を使って、
楽しそうな、明るい絵を描いてほしいな・・って。

 

でも、ずーーっと楽しそうに書いて
持ってくるので、そのまま放っておきました。
好きなことをして、楽しそうなのが
いちばん!って。。

 

色彩心理の観点から、白・黒を使う

 

ところが、この白黒の迷路、
子供の絵についての
色彩心理を勉強していたときに
典型的な例として、出てきたのです!

 

子供が、白黒を好んで使う時期、
しかも迷路を描いているときは、
知的な発育のとき!

 

集中して、
物事に取り組めるようになっている、
論理的に考える力がついている時期だから
そのまま自由にやらせておいた方がいいのだと。

 

そうーーだったのねーー!!
自由にやらせておいてよかった・・と
心からホッとしましたよ~~

 

そして、この白黒の迷路、
次男もやっていたのですが、
長男の方が期間も長く、
のめり込み方も、すごかった。。

 

その長男、結局、理系の大学院まで進み、
現在はある企業の研究所で
私にはよくわからないけど、
何か?をのめり込んで研究してます。

 

ちなみに次男は、
ゴリゴリの体育会系男子となりました・・(笑)

 

いえ、どちらもそれなりに、もちろんOKなのですよ~~
それぞれが、自分に合う道を見つけてくれれば
それが何よりですから。

 

明るい色彩だといいのかな?

 

色彩心理で、ぬり絵をしたり、
自由に絵を描いたりしていただくと、
特に、お子様の場合、

 

白や黒、暗い色ばかり使っていると、
どこか心に問題があるんじゃないか?
と、聞かれることが多いのですが、
一概にそうとはいえません。

 

長男の迷路のように、
知的な発育がされている時期だったり、
または、
心にストレスを抱えている場合でも、

 

「その状態を色として表現できている」
=ストレスを発散することができた

 

という風に捉えることもできます。

 

 

色には無意識が表現されます。
明るい色ばかりを使っていても、
実は、その奥に隠された
ストレスが表われていることもあるのです。

 

例えば、大きなストレスを受けたお子様は、
その直後は、とても明るい色彩の絵を描いたりします。
まだ現実が受け止められない状態なのでしょう。

 

1ヶ月後、3ヶ月後・・になってから、
ようやく暗い色彩の絵を描き始めると、
少しずつつらかったことを話し始めたりします。

 

暗い色彩で表現することで、ストレスを発散し、
少しずつ現実を受け入れている時期なのです。

 

そのまま、好きな色を使って、
自由に表現することを続けた方が良いですね。

 

まとめ

 

色に、いい色、悪い色ということはありません。

 

絵を描いたり、ぬり絵を塗ったりするときに
いちばん大切なことは、

 

自由に表現できること。

 

お子様に限らず、大人にとっても同じです。
どんな色をどう選んで、
どう塗っても描いてもいいのです。

 

黒や暗い色を使っているとダメ・・とか、
明るい色だから問題ない・・とか、
ちまたに氾濫している情報に惑わされずに、
見ていくことが大切ですね。

 

自由な表現をして、
心のバランスをより良い状態で保つこと。

 

あなたの心のバランス、良い状態ですか?
ご自分の心の状態を確認してみたい方、
体験セッションにいらしてくださいね。

 

・・・・・・・・

選んだ色で今の心の状態がわかるカラーセラピー
LINEのお友達追加で無料プレゼント中!

・・・・・・・・

気づきが得られる心のお話を週1~2回配信
無料メルマガご登録はこちら>>

・・・・・・・・

↑LINEご登録orメルマガ読者限定↓
体験セッション半額:60分1万円5,000円!

体験セッション詳細はこちら>>

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください