いい色悪い色?色彩心理アートセラピーでの読み解き方

色の意味について、聞かれることがありますが、色には「いい色」「悪い色」ってありません。

あなたにとって、その「色」にはどんな意味がありますか?
大切なのはその部分です。
奥深いアートセラピーの世界、少しお話いたします。

 

オーラぬり絵

 

暗い色が悪い、明るい色が良い…わけではない

 

クライアントさんはじめ、皆さんからよく聞かれること…

 

「黒ってよくない色なんですよね?」

 

うーん・・黒ってそんなにイメージ悪いですかね~
たしかに不祝儀のときは黒ですし、腹黒いとか、言葉にも明るいイメージはないのかな。

 

まず、お話しておきたいことは、
「色には、いい色も悪い色もない」ということ。

 

色の意味やキーワードには、必ずポジティブとネガティブと両面あります。

 

黒は良くない色だから、使うのをやめました…という方がたまにいらっしゃいます。

 

そうなんですね~~(^-^;

 

でもね、黒を塗ってなくても、黒の「キーワード」は、作品には他の色で塗られていて、「心の中の黒」は散りばめられているのですよ~

 

むしろ、明るい色(明度とか彩度とかいろいろありますが)だけをたくさん使って塗っている場合、

 

実は、その奥にある心の闇を隠したいとか、
無意識では感じているけど、まだ出せていないとか、
意識に上がってきていない…という場合があります。

 

例えば、自然災害などで心に大きなショックを受けた直後の子供たちの絵は、明るい色ばかりを使っていることが多いのです。

 

現実をまだ受け入れられない、受け入れたくない…という心の表現ですね。

 

定期的に何回もぬり絵や自由画で表現をしていると、だいたい3~6か月後くらいになって、急に黒とか紫とか紺色とか、ダークな色を使い始めます。

 

心の準備が整ってきて、ネガティブな感情を表現できるようになってくるんです。
その時点まで待って、お話を伺うとネガティブな感情がダーーっと出てきます。
泣きながらお話したりするんですね。
ネガティブな感情の表現って、ホントに大切。

 

明るい色を使っているから大丈夫!とは一筋縄ではいかないところが、アートセラピーの興味深いところ。

 

ダークな色を使えるようになった、心が解放されてきた、と読み解くこともできるのです。
表現できた!ということに注目します。

 

自分にとっての色の意味を大切にすること

 

もちろん、大人にも当てはまります。

 

ただ、私が読み解きしているのは、色使いだけではなく、もっといろんな角度から見ています。

 

どの画材(クレヨン、色鉛筆、絵の具等々)を使うのか?
画材の使い方は?
どこから塗ってどこで終わるのか、
どんな塗り方をするのか?
どこを塗っていないのか?
よく使う色、まったく使ってない色は?等々…

 

だから、黒って良くない色だから使わない~って使わなくても、他のポイントで黒のキーワードに近いことが、ココに出てるな…とか、わかります。

 

あと大切なことは、いわゆるよく使われている「色の意味やキーワード」については、約80%の人が感じていることと言われています。

 

ということは、あとの約20%の方にはあてはまらない、ということです。

 

以前、クライアントさんで、グリーンをまったく使わない方がいらして、セッションの最後の方で、グリーン一色の自由画を描かれたんですね。
ご自身で「ぬり絵じゃなくて自由に描きたい!グリーンを使いたい!」って。

 

↑こちらがその作品です

 

その方のグリーンのイメージは、ツライ、寂しい、悲しい…だったんです。
これは一般的なグリーンの意味には、なかなか出てこないキーワード。

 

セッションで心を整理していって、今までの出来事や、その感情を受け入れられるようになり、グリーンを表現できたって。

 

これがアートセラピーの醍醐味だな、、と思います。
よく使う色に注目することはもちろんだけど、使っていない色にアプローチすることも大切なこと。

 

感覚とロジカルシンキング

 

一般的な色の意味だけではなく、その方が感じている色の意味、キーワードを探っていくことで、心理学講座での学びも深いものになります。

 

6ヵ月の継続セッションをおススメしているのは、何枚も塗っていただき、その変化を見ていきたいからです。

 

心理学講座で、理屈では理解できても、どうしても感情がついていかない!言葉で表現できない!というときには、ぬり絵を何枚も塗っていただきます。

 

手を使って表現することで落ち着きを取り戻し、心の整理ができるのです。
これは「感覚」なので、体験していただかないと説明するのが難しいところ…(・・;)

 

言葉にならない感覚へアプローチする「ぬり絵アートセラピー」と、ロジカルシンキングで学んでいく「心理学講座」と、両面を取り入れているのはそのためです。

 

今、言葉にならない感情、心のモヤモヤを抱えているなと思ったら、体験セッションでまずはぬり絵を塗ってみませんか?
オンラインでも受付中です^^

 

・・・・・・・・

選んだ色で今の心の状態がわかるカラーセラピー
LINEのお友達追加で無料プレゼント中!

・・・・・・・・

気づきが得られる心のお話を週1~2回配信
無料メルマガご登録はこちら>>

・・・・・・・・

↑LINEご登録orメルマガ読者限定↓
体験セッション半額:60分1万円5,000円!

体験セッション詳細はこちら>>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください