別居婚?卒婚?20年以上前の私の選択

こんにちは!

 

心の土台を耕して
いつもフラットな私でいよう!

 

ライフチェンジ美人学
色彩心理カウンセラー中村真弓です。

 

 

今日は「別居婚・卒婚」について。
プロフィールでもお話していますが、
私はかれこれ20年以上、夫とは「別居婚」です。

 

別居婚?卒婚?・・当時の周りの反応

 

長男が小学校に入学する直前、
次男はまだ幼稚園のとき・・

 

私は夫と別居する決意をしました。
私が34才くらいだったかな。。

 

当時は、ものすごーーーく
奇異の目で見られましたよ。

 

いや、今も・・かな(笑)
故・樹木希林さんと内田裕也さんご夫妻の
40年の別居婚が話題になりましたね~

 

男の子なんだから、
父親がいないとかわいそう!

 

母親として、子供の小さいうちはがまんして当然!

 

どうして別居だけで、籍は抜かないの?
はっきりさせないと!

 

籍を抜かないなら、一緒に暮らすべき!

 

真弓さんだから出来たんでしょ!

 

とかとかとか・・・
それはそれはもう~~~~!
いろいろと言われましたよ。

 

別居っていいわよね~~
いちばん楽よね~~

 

なーんていう人には、

 

はぁ~~~??
ホントに「いいわよね~楽よね~」
って思ってるの?!

 

じゃ、あなたもやってみれば?!

 

なーんて言い返したりする、
ちょっと怖かった若いころの私・・(笑)

 

(心の声・・
どんなつらいことがあって、悲しい想いをして、
私が覚悟したかなんて
知らないくせに!!!)
↑ここ、詳しく知りたい方は個別に…^^;

 

一緒にいたらダメになる・・

 

でもね、、

 

私は、
私と子供たちの「心」のことを考えて、
夫とは一緒にいない方がいい!
という決断を下しました。

 

これ以上、一緒にいたら、
私も子供たちも、ダメになる・・

 

というか、
すでに異変は目に見えていて・・

 

大人しい性格の長男が幼稚園で暴れて
先生からお呼び出しが・・

 

元々暴れん坊な次男では
よくあることだったけど長男では初・・

 

幼稚園の先生には適当にごまかしたけど、
わかっていました。

 

私たち夫婦の関係が長男の心に
よくない影響を与えていたことを・・

 

実際に使ってこその心理学!

 

別居するって、
すごーく怖かったし、不安だったし・・

 

真弓さんだから出来たんでしょ!
って言われるけど、
どうなるのか?なんてわからなくて、
心臓バクバクだった。。

 

まず、夫に私の気持ちを伝えよう!

 

夫婦関係がうまくいっていないことなんて
夫もわかっている。

 

でも、私は夫と
ケンカがしたいわけじゃないよね。。
じゃ、どうしたいの??

 

いつもいつも感情的になってしまうけど、
何とかお互いに建設的な話ができないか・・

 

どうする?
どう伝える?

 

って、、30代の若い私は考えた。。

 

私はどうしたいの?
どうなりたいの?
何が欲しくて、何がいらないの?

 

いろんなことが頭の中をグルグル・・

 

そして、
考えに考え抜いて、導き出した方法、

↓↓↓

「感情入れずに事実だけを話してみる」

 

を、恐る恐る使ってみることにした!

 

・・そしたら、

 

「え・・・?!マジで・・・??」

 

っていうくらい、
サラッと私の願い通りの結果になった。

 

このときの
「考えに考え抜いて出した方法」
っていうのが、

 

あとから勉強した「交流分析」という
心理学の理論にピッタリと
当てはまっていたわけですが・・

 

人間、ほんと~~~~に
どうにかしなくちゃいけないときって、

 

案外、理にかなったことを
思いつくものなんだな・・って感動しました^^

 

思い込み=当たり前、だから気づかない

 

私自身、自分が感情・感覚派なんだな~
と自覚したのは、
心理学を学び始めた30代前半からです。

 

それまでは、真弓ちゃんわがまま~!!
って、友人や先輩や上司に言われても
「どこが??」って感じだったのですが、

 

心理学を学び、いろんなワークをしたことで
納得できました。
ロジカルが苦手なんだなって。

 

だから、すぐにイヤなものはイヤ!って
バッサリカット!だったり、
いつも相手の仕掛けに引っかかってしまって
感情的にプンプンしていたり…そりゃわがまま!

 

いいか?悪いか?とか、
正解か?不正解か?ということではなく、
自分の性質がどういうものか?

 

それを実生活でいかしていくにはどうするか?

 

学んだだけではもちろんダメ!で、
それを実行しないと意味がない。

 

それも、
人生の大きなポイントで使うこと、
「使えること」が最も重要だと思っています。

 

思い込んでいることこそ、
当たり前になっているので、
きっかけがないと、気が付きません。

 

学ぶこと大切、
だけど、
行動することはもっと大切!

 

離婚するか?しないか?それ以外の選択肢・・

 

例えば、
離婚するか?しないか?という
2択だけでなく、

 

他にもいろんな選択肢が考えられること、
その選択を相手に伝えること、

 

これは、
自分の願ったとおりの人生を手に入れるために
とても大切なこと。

 

行動に移すのには、
ちょっと勇気が必要だけどね^^

 

「2択」と思い込んでいる場合、
大抵はそれ以外に答えがある!
と思っています。

 

状況を俯瞰してみると意外な方向へ、
こうしたい!と願っている方向へ進みます。

 

そして、理解して、応援してくれる人が
必ず現われます。

 

今、八方塞がりだな・・と思っていても
必ずどこかに道はあります!

 

今までとはちがった見方、考え方、
味わったことのない「感情」を
私と一緒に味わってみませんか?

 

体験セッションでお待ちしています♪
メルマガ読者様は特典あり→メルマガご登録はこちら

 

ご案内・お知らせ

 

満席御礼!!石のお茶会:石のエネルギーを伝えるヒーラーを迎えて2020/1/30(木)開催予定!

 

石のお茶会~vanillafogを迎えて~

2020/1/30(木)10~12時 @青山
参加費:8,000円程度
(ブレスレット作り、ドリンク代、一人一人へのメッセージ等々すべて込み)

▼詳細はこちらをクリック

▼先着5名様限り!→満席御礼!!
リクエスト受付中こちらから

 

※石(プレシャスストーン=パワーストーン)
お問合せ・ご注文の方は
こちらをクリック
あなたのエネルギーにぴったりの
最高品質ブレスレットとクラスターをご提供しています。

 

 

心の土台を耕すメールマガジン
週2回くらい配信しています♪
無料カラーセラピーもできますよ~
体験セッション特別価格&優先予約枠あり!

メルマガご登録はこちらをクリック
メルマガバックナンバーの一部はこちら

 

体験セッション
※上記メルマガ読者さま優先予約&特別価格
通常60分10,000円→5,000円!

体験セッション詳しくはこちら

 

まずはお問合せを♪
体験セッション・お仕事のご依頼など
こちらをクリック

 

セッションを受けると・・・
◎自分の本当の価値観がわかり仕事に生かせる
◎仕事のストレスが減る
◎転職が成功し希望の仕事に就けた
◎コミュニケーションのコツがわかる

◎自信を取り戻せる!
◎問題の解決方法に気づける

◎ありたい自分が明確になる
◎自分をリセットできる
◎フラットな状態でいられる
◎想い、魅力が引き出される
◎大丈夫と思える、腹が据わる・・・etc.
多数のお声をいただいております。

 

1994年に出逢ったアドラー心理学を始め、
4つの心理学を20年以上、子育てや人生に実践。

自分の価値観を見出し、学びから行動に繋げるために
わかりやすく実践しやすいものだけを厳選した
オリジナルメソッド【ライフチェンジ美人学】

きめ細やかな対応が好評の個人セッションや、
わかりやすく楽しいセミナーでお伝えしています。
お仕事のご依頼はこちらをクリック

 

心の土台を耕して、いつもフラットな私でいよう!
自分の本当の価値観に気づくワークで
現状からの突破口を見つけましょう!

〇女性限定です。(男性はご紹介のみ)

 

Facebookはこちらをクリック
フォロー大歓迎です^^

Instagramはこちらをクリック
フォローして下さいね^^

 

▼中村真弓
色彩心理カウンセラー、心理カウンセラー、 チャイルドアートカウンセラー、国際アートセラピー色彩心理協会会員、玉川高島屋S.C東館4Fたまがわコミュニティクラブ講師、STEP勇気づけセミナーリーダー養成講座修了。アドラー流子育て実践歴は20年以上。1964年生まれ東京都出身、学習院大学法学部卒業。女性起業家さま向けに個人セッション、起業・団体さま向けには心理学セミナー・ワークショップなどを開催また石(プレシャスストーン)の販売や、
~恵.megumi
~のスカーフ販売も手掛ける。趣味は海外ドラマ(ER、ダウントンアビー、ホームランドetc.)鑑賞♪神社仏閣巡り♪ネイル好き♪ノンケミコスメ好き♪~全力でサポートします!ぜひ1度お話にいらしてください♪

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください