相手との関係性が変化する方法:誰の問題かを見極めて感情を伝えること

こんにちは!

 

子育て終了後の生き方がわからない
40~50代女性の方へ
【アートセラピー×心理学】

 

ぬり絵を取り入れた心理学講座を
プライベートで開催している
色彩心理カウンセラー中村真弓です。

 

 

今はすっかり大人になった息子たちですが、
思春期の彼らとのコミュニケーションは
なかなか大変なものでした。

 

でも、そんな彼らとも
より良いコミュニケーションがとれる方法があります。
思春期じゃなくても、もちろん使えます!

 

お子様だけではなく、職場でも
ご主人にも親にもママ友にも・・
人間関係すべてに有効な方法です。

 

より良いコミュニケーションが取れる方法の1つ

 

何を聞いても
「わかんねぇ」
「べつに~」
「いんじゃね?」・・・

 

メールをしても
「うん」
のひと言しか返信されず、
私の質問のどれに対しての「うん」なのか??(笑)

 

いろんなことを聞きたいのは山々ですが、
思春期の彼らから聞き出すことは難しい・・

 

というか、
関係を悪化させてしまう要因にもなりかねない。

 

ならば、
すべてを聞きだせなくても、
関係を悪化させることは避けたい、
と思い、とった1つの方法、
それがIメッセージです。

 

私が本当に感じていること=感情を伝える

 

子育てしていると、
イライラする!頭にくる!ことってたくさんあります。

 

でもその「怒り」は、
本来の感情ではないと言われています。

 

その奥にある感情は、どんな感情でしょう?
どんな風に感じていらっしゃいますか?

 

不安な気持ち?
残念な気持ち?
悲しい気持ち?
寂しい気持ち?・・等々、

 

その本当に感じている気持ちを
「私」を主語にして伝えること。

 

これがいわゆる「Iメッセージ」と言われる方法です。

 

このIメッセージの効果は、
・相手を責めたり、批判したり評価したりすることがない
・自分が心を開くことになるので、相手にも理解されやすい
・よって相手も心を開きやすくなる
・自分を客観的に把握できるようになる・・等々

 

つまり、相手を責めずに、
自分の本当の気持ちを伝えるので、
お互いに心が開放され、
コミュニケーションが取りやすくなります。

 

その問題は、誰の問題ですか?

 

このIメッセージを効果的に使うには、
大切なことがあります。
それは、その問題が
「私の問題であるとき」に使うということ。

 

例えば、次の場合は誰の問題だと思われますか?
(いろんな状況がありますがシンプルに考えてみて下さい)

 

1、朝、子供が起きずに遅刻する
2、子供がキッチンを汚しっぱなしにする

 

↓↓↓

 

1、朝、子供が起きずに遅刻する
については、どう思われますか?

 

遅刻をして、先生に叱られたり、
友だちに冷やかされたり…するのは子供です。
私が叱られたり、
冷やかされたりするわけではありません。

 

なので、この場合は「子供の問題」です。
子供に「遅刻」を経験してもらいましょう。
もちろん遅刻を奨励しているわけではありませんよ~あせあせ (飛び散る汗)

 

では、
2、子供がキッチンを汚しっぱなしにする
は、いかがですか?

 

これは、キッチンが汚れていたら
すぐに食事の準備ができずに困るのは私、ですよね。
なので、この場合は「私の問題」となります。

 

Iメッセージが効果的に使えるのは、
こういった場合です。

 

誰の問題かを見分ける方法の1つは
「最終的に困るのは誰か?」を考えること。

 

「良い母親」に見られたいために
すべてを「私の問題」にしてしまう方、
いらっしゃいませんか?

 

基本的な3つのステップ:状況・影響・気持ちを伝える

 

Iメッセージを使うときの
基本的な3つのステップとは、

 

①私を困らせる子供の行動について、その事実を言う
私への影響を言う
私の気持ちを言う

 

例えば、上記の
2、子供がキッチンを汚しっぱなしにする
で、使った場合は、、

 

①キッチンが汚しっぱなしになっていると、
↑状況のみ
②すぐに食事の準備に取りかかれなくて
↑影響のみ
③私はとてもがっかりだわ・・
↑本当に感じている気持ち

 

となります。
このとき、おそらく、
汚れたままのキッチンを見たら、
瞬間的にカー――ッとなりますが、

 

本当に感じているのは、
すぐに食事の準備しようと思ってたのに、
それができなくて、がっかり・・
または、
時間がないのに困るな・・とか?ですよね。
怒りではなく、それを伝えてください。

 

積極的な3つのステップ:希望を伝える

 

さらに積極的なコミュニケーションとして
次のステップがあります。

 

①私が希望する子供の行動を言う
私への影響を言う
私の気持ちを言う

 

例えば、上記の
2、子供がキッチンを汚しっぱなしにする
で、使った場合は、、

 

①キッチンを片付けておいてくれると
②すぐに食事の準備ができるから
③私はとっても嬉しいな~

 

子供が片付けてくれていたら、
想像しただけでとっても嬉しくないですかハートたち (複数ハート)?!
それを伝えましょう~

 

注意点:表情や態度も大切です

 

このIメッセージを使うときに
注意していただきたいことがあります。

 

それは、言葉だけを上記のように言えばよい、
というものではない、ということです。

 

言葉以外の表情や態度は、
言葉と同じ効果のあるコミュニケーションなので
しかめっ面やぶっきらぼうな態度、
怒りを込めた口調では、YOUメッセージになってしまいます。

 

→YOUメッセージとは・・
「あなた」が主語、相手を責めたり批判したり、
評価や命令などが含まれる。

 

例えば、上記2、の例でみてみると、
あなたがキッチンを片付けないから、
私がすぐに食事の準備に取りかかれないでしょ!
↑誰のせいでどうなったか?と責めている
サッサと片付けて!

ホントにだらしない子ね!
↑命令・評価

 

こうなると、相手は責められた、
ダメだと評価されたと感じ、
自分を守るために身構えたり、
反撃しようという気持ちになり、
コミュニケーションが取れなくなってしまいます。

 

ただでさえ、親の言うことなんて聞きたくない彼ら。
こうなっては、特に思春期のお子様との
コミュニケーションは難しくなりますね…

 

怒鳴ってしまう・・しかたないけど、、

 

この方法をセッションやセミナーなどでお伝えすると、
よくわからない・・と質問されるのが、
まずは「本当の感情」について、です。

 

どう感じたか?
って、皆さん意外と意識していらっしゃらないのです。

 

そのときどう感じましたか?
と伺っても、
「~~だったから、○○に連絡して
△△ということで終わらせました・・」
のようなお答えが返ってくることが多いです。

 

これって「どう感じたか?」ではなくて、
「どう処理したか?対応したか?」です。

 

感じることを
無意識に抑え込んでしまっているので、
気持ちがなかなか出てきません。
まずは、本当はどう感じているか?
意識してみて下さい。

 

次に質問されるのが、理屈ではわかるけど、
どうしても怒ってしまう・・
ということ。

 

イライラして怒鳴っちゃうこと、あります!
私も何度もありましたあせあせ (飛び散る汗)

 

どうやったら、穏やかにできるのか?

 

正直・・
魔法のやり方や魔法の言葉はありません!
そういうことをおっしゃっている方のこと、
私はちょっと信じられないなぁ~と思っています。
だって、魔法なんてないんだから・・(笑)

 

怒鳴っちゃったら、怒鳴っちゃったで仕方ない!
でも、落ち着いてから振り返ってみてください。
そして、次はどう言えばいいか、考えてみてください。
それを次の機会に使ってみてください。

 

その繰り返し、繰り返し・・が大切
なのです。

 

そうやって、悩み迷いながら、
何とか良い関係を築こうとしている
母の心が
子供に通じます。

 

まとめ:これを使うとどうなるの?

 

このIメッセージを使うとどうなるのか?

 

まず、言い争いが少なくなります。
相手を責めることがないので、
言い返してくることばが柔らかくなります。

 

そして、
本当の気持ちを伝えるので、
こちらの気持ちを理解してくれるようになり、
気持ちを汲んでくれるようになります。

 

つまり、相手を思いやる、
ということができるようになってきます。

 

で、、
より良いコミュニケーションが取れるようなる、
というわけです。

 

どんな方法も、すぐに使えるようにはなりません。
でも、やってみないと使えるようにはなりません。

 

良い方法を学んでも、
実践できなければ意味がありません。

 

長男にはうまく使えたけど、
次男にはなかなかうまく使えない・・
なんてことも、よくあります。

 

ご自分の場合には、
いつ、どんなときに、どういう風に使えばいいのか?

 

わからないな・・
不安だな・・
もっと詳しく知りたいな・・
そしてそれを実践していきたいな・・

 

と思われた方、
体験セッションにいらっしゃいませんか?

 

・・・・・・・・

選んだ色で今の心の状態がわかるカラーセラピー
LINEのお友達追加で無料プレゼント中!

・・・・・・・・

気づきが得られる心のお話を週1~2回配信
無料メルマガご登録はこちら>>

・・・・・・・・

↑LINEご登録orメルマガ読者限定↓
体験セッション半額:60分1万円5,000円!

体験セッション詳細はこちら>>

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください