父の命日に思うこと…感情との上手な付き合い方

父が交通事故で亡くなってから5年が過ぎました。

 

あの時の苦しさ、悲しさ、感情とうまく付き合うこと、日常に戻って生活するということ、5年経った今、思うことを書いてみました。

 

突然の事故や病気で大切な人を見送った方、時間は必要だけど、少しずつ心に向き合って、日常を取り戻しましょう。

 

 

すでに意識不明の重体~1か月間のこと

 

父は、2015年10月初めに交通事故に遭いました。
横断歩道を歩いていた時に、宅配便のトラックにはねられ、頭を強く打ち、そのまま意識不明に。

 

手術を含め、あらゆる治療をしていただきましたが、意識が戻らないまま、1か月後の11月2日、80歳になる5日前に亡くなりました。

 

意識のない父の元へ、毎日毎日、時間の許す限り通いました。
マスクをして、手袋をして、不織布の防護服?みたいなのを着せられて…父の手を握って、泣きながら話しかけてました。

 

手術をしても元には戻らないけれど、今、手術をしなければまもなく亡くなります、どうしますか?というような、つらい決断の連続。

 

その頃の私は、起業に向けての準備のために、いろんな勉強をしていて…
学んでは課題をこなし、仲間と話しては刺激を受け、とても忙しかったけど、充実していました。

 

そんなときに、まさかまさかの父の事故。

 

アドラーを始めする心理学を20年以上学び、実践してきて私だけど、やっぱり、いざ自分の身に大きなアクシデントが降りかかると、心底、動揺しました。

 

特に、父が意識不明で入院していた1か月間が、とにかく、とにかく苦しかったです。

 

どう表現したらいいのか、、今思い出しても、夢の中にいるような、ふわふわと浮いているような不思議な感覚で、現実が過ぎていく。。

 

どこにいても、何をしていても、感情の綱渡り状態…。
ふっ…と気を抜くと、綱から落ちてしまって、自然に涙が溢れてきてしまって、仕方なかったです。

 

もう意識が戻らないことはわかっていたけど、このつらいつらい状態がいつまで続くのか、先がわからないことが、とてつもないストレス。

 

この状態を俯瞰している自分

 

…と同時に、その状態を俯瞰して見ている私もいて、今、こういう心の状態なんだな~とか、じゃ何をしたらいいのかな~なんて、考えたりもしていました。

 

思考と感情の間を行ったり来たり…。
自分の心を客観視して、切り替えることで、つらいつらい日々を淡々と過ごすことができていたように思います。

 

とにかく1日1日、今日やることをやる、やれなかったことは仕方ない、できるときにやろう…みたいに。。

 

まずは、めいっぱいに詰め込んでいたスケジュールの調整をしなくては!
皆さんにはどう話そうか…誰かに伝えてもらおうか…とか、一瞬悩んだけど、やっぱり正直にそのまま話そう!きっと何とかなる!と皆さんを信じて、そのままお話しました。

 

本当にありがたいことに、皆さんのご理解とお心遣いによってスケジュールはすべて調整できました。

 

この父の出来事以来、今でもあまり忙しくなると、何か起こるんじゃないか?と不安になるときがあります。
だから、今では予定はめいっぱい詰め込まず、余裕を持たせています。

 

何よりもありがたかったのは、父が事故死という思いっきり「腫れ物」だった私を、周りの方々がそのまま受け入れて下さったこと。
いつもと同じように接して下さり、普通に盛り上がって大笑いしたり。。

 

同じような経験をした友人たちは、すぐに駆け付けてくれました。
「腫れ物」の私のところに、よく来てくれたなぁ~と思います。

 

私は、どうやって立ち直ったの?こんなつらいことを乗り越えたなんて、本当にすごい…と、彼女たちをあらためて尊敬。

 

この経験は「降りかかった人が甘んじて受け入れるしかない」こと、そして「落ち着くには時間がかかること」を教えてくれました。

 

そっとしておいてくれた友人たちもいます。
そのあたたかさ、お心遣いも十分に伝わったし、心身共に参っていたので本当にありがたかった。。

 

こんなにショッキングな出来事があっても、今までとなーーんにも変わらず、そこにいてくれる友人たち。

 

それはテクニックではなく、やっぱり「心がこもっている」ということ。
友人たちのあたたかさ、真の思いやりが心底、身にしみました。

 

そして、いろんな心の寄り添い方を知ることができました。
これは本当に経験してよかったことの1つです。

 

感情と向き合って日常を取り戻す

 

私は父の娘として生まれてきてよかった!と心の底から思っています。

 

私は父に否定されたことがありません。
私のすべてを受け入れて、私の希望はほぼすべて叶えてくれました。

 

言いたいこと言って、欲しいものを手に入れて、やりたいことやって、好きなように生きてこられたのは、大きな大きな父の愛情のおかげ。
(よって思いっきりわがままになりましたが…)

 

北風と太陽なら、間違いなく太陽!
ほぼ何でも叶えてくれる父が、ダメだよ…とか、できないよ…ということは、ホントにダメなことなんだな…って納得することができた。

 

根拠のない自信があるのは、見捨てられ不安がないのは、能天気なのは、父がめいっぱいの愛情をかけて育ててくれたからだと思っています。
もちろん母も祖父母も親戚も、周りの人々すべてが…ですけれど。。

 

父が生前、いつも気にかけていたことは、私や息子たちが変わりなく元気でいること。

 

だから天国では、私たちが元気で、楽しく、充実した人生を送っていることを望んでいる!
私たちがメソメソ…と泣き暮らしていることは、絶対に望んでいない!と、はっきりわかります。

 

もちろん、こうして書いていても、思い出すと涙は出てくるけど…泣ける状況なら、泣いてますよ、今でも。。

 

泣いて、思いっきり感情を吐き出すと、ふぅ~~って感じでスッキリします。
スッキリすると、冷静に客観的に考えることができるようになります。

 

冷静に客観的に考えることができるようになると、日常が少しずつ戻ってきます。

 

父を事故で亡くした悲しさや寂しさは、きっと一生なくならないと思うけど、その感情と上手にお付き合いできるようになっていきます。

 

大切な方を突然亡くされて、心を痛めていらっしゃる方、思いっきり泣いていますか?
そういう場はありますか?

 

「大丈夫!」とつらい心を無理に、無意識に心の奥底に閉じ込めていませんか?

 

ホントは悲しい、つらい…と感じたら、まずはその感情と少しずつ向き合ってみませんか?
時間はかかるけれど、心の整理ができるように、感情とうまくお付き合いできるようになりますよ。

 

私のような突然のショッキングな出来事に限らず、普段の生活から無意識に心の奥底に閉じ込めている悲しい、つらいなどのネガティブな感情と少しずつ向き合ってみること・・

 

私は大丈夫!と思っている方ほど、お話しているうちにどんどん感情があふれて、号泣…のパターンが多いです。それだけ、無意識なんだろうなと思います。

 

私のセッションではどんなに泣いても大丈夫。
そのための個室をご用意しています。オンラインでもOKです。
一度お話してみませんか?
体験セッションでお待ちしています。

 

・・・・・・・・

選んだ色で今の心の状態がわかるカラーセラピー
LINEのお友達追加で無料プレゼント中!

・・・・・・・・

気づきが得られる心のお話を週1~2回配信
無料メルマガご登録はこちら>>

・・・・・・・・

↑LINEご登録orメルマガ読者限定↓
体験セッション半額:60分1万円5,000円!

体験セッション詳細はこちら>>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください