子育てに失敗したと思う中高生のママへ…今からでも取り戻せる3つの方法

子育てに失敗した…という中高生のママさん、
今からでも子供との関係性を取り戻せる方法は、

 

・失敗する経験を奪わない
・ひたすら子供の感情に寄り添う
・子供を信じて見守る・・の3つです。

 

私のクライアントさんには、子育て終了または
まもなく子育て終了の方が多い。

 

子育てに失敗した…とおっしゃる方は
中学生、高校生のママに多いかな。

 

もうお子様…って感じでもない年齢だけど…
それでもやっぱり子供は子供。

 

もちろん心配だし、気になるよね。
子供との関係性、
今からでも見直してみませんか?
決して「遅い」なんてことはありませんよ!

 

今日は今からでも関係性を変えていける
3つの方法を具体的にお話しますね。

 

 

 

子供が失敗する経験を奪わない

 

まず、あなた自身、心から
子供のことを信じていますか?

 

心配はわかります。
でも、もうbabyちゃんじゃない。

 

だから、子供に任せても
大丈夫なことってたくさんあるよね?

 

私が言わないとやらないから・・とか、
このまま放っておくとどうなるか・・とか、
そこが心配なんだと思うけど、、

 

言わないと、放っておくと・・
たぶん、やらないんじゃない?
できないまま、そのままなんじゃない?

 

でもそれでも、言わない、放っておくこと。

 

ここであなたが手を出してしまうと、
「子供が失敗する経験」を奪ってしまいます。

 

失敗・・ってどんなことでしょう?

 

成績落ちる?
落第する?
生活が乱れて体調崩す?
友人関係がうまくいかなくなる?
受験で合格できない?などなど…

 

↑これ、子供本人が
「マジ、ヤバイ!」ってならないと動きません。

 

あなたがどんなに言っても言っても、
素直に動きますか?

 

動かないどころか、
関係性が悪くなるばかり…じゃないですか?

 

子供は、本当に必要だと感じたら、
自ら必ず「動きます」

 

勉強もするし、生活も見直すし、
友人関係のいざこざも調整するし、
受験も見合った学校に合格します。

 

・・・と、あなたが心から子供のことを
信じてください。
まずはそこからです。

 

「見放すこと」と「見守ること」はちがう

 

そして、子供からのSOSを感じたら、
ひたすら子供の感情に寄り添います。

 

大変だったね~
辛いんだね・・
それはうれしいね!などなど…

 

共感されると、
自分のことをわかってくれてる!と
信頼につながります。

 

そこから子供自身がどうするか?を
どうしたいか?を徹底的に聞きます。

 

そのとき、
~~しなさい!~~すべきでしょ!は
言わないこと。

 

どうしても言いたいときは、
「私は○○と思うよ~」くらいで。。

 

そこから先、どうするか?は、
子供を信じて任せる。
あなたの思い通りには行かないと思うけど、

 

「子供が選んだことを、子供自身が経験する」

 

これを繰り返していくことで、
今までの関係性が変わります。

 

いわゆる「見守ること」です。

 

「見放すこと」とはちがいますよ~
しっかり見ているけれど、
どうするか?は子供を信じて任せる。

 

どこまで見守るか?のバランスは
あなた自身の経験にもなります。

 

これが正解!のバランスはありません。
ご家庭によって、親子関係によってちがうから。

 

少なくとも、これを読んでいるあなたなら、
子供を深い愛情で育ててきたはず。

 

なら、必ず子供はやるときにはやります!

 

親子関係を取り戻そう!

 

若いうちの2~3年なんて、
大人になってからど~にでも取り返せます。

 

取り返すのが難しいのは親子の関係性。

 

・失敗する経験を奪わない
・ひたすら子供の感情に寄り添う
・子供を信じて見守る

 

たった今からでも、この3つのことを
まずはやってみて下さい。

 

わが家の場合はどうすれば?
と思ったら、体験セッションへどうぞ

 

* * * * * * * *

 

 今の心の状態がわかる!
 無料カラーセラピープレゼント中!

最新情報!週1~2回配信
無料メルマガご登録はこちら>>

 

・・・・・・・・

 

体験セッション詳細はこちら>>
※LINE公式orメルマガご登録の方限定!
無料オンライン個別勉強会>
体験セッション半額:60分1万円5,000円!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください