子供のけんかは経験の1つ、親としての対応と子供たちの心のケアについて

こんにちは!

 

心の土台を耕して
いつもフラットな私でいよう!

 

女性経営者向けメンタルサポート
色彩心理カウンセラー中村真弓です。

 

 

子供どうしのケンカ、
兄弟げんかはいうまでもなく、
お友達とのケンカもよくありました。

 

私は基本的には、
子供のケンカは大いにやった方がいい!
と思っています。

 

※暴力には反対です!
が、幼い子供同士のちょっとした
つかみ合いくらいは大目にみてます。

 

でも、そうじゃないママさんも
たくさんいらっしゃったようで・・

 

今日は、わが家の暴れん坊次男のときに
経験したお話を。。

 

お友達大好きで関わりが多い分、けんかも多い・・

 

今から約20年前、
わが家の暴れん坊、悪ガキ次男は、、

 

自分の考えは主張するし、
面白そうなことは後先考えずに
絶対やってみるし、正義感も強い。

 

お友達との関わりが多いのはいいけれど、
その分ケンカも多い。
体が大きかったことと、
2才違いの長男がいたので
ケンカ慣れしていてケンカには強い。

 

↑暴れん坊・悪ガキ全開のころの次男↑

 

長男とはほぼ毎日、ほんの些細なことで
つかみ合いの大げんかをしていました。

 

2才ちがうのに体格がほぼ同じ・・

 

でも、ケンカって体格だけじゃない、
いわゆる頭脳戦
(真っ向から正論ぶつけられたり、ズルも含めて…)
の要素もあるので、
そうなると、どうしても長男にはかなわない。

 

でも同級生の中では、
体が大きくて力も強いし、
長男の頭脳戦をまねっこするので
「ケンカは強い」ってことになります。

 

幼稚園でも、お友達とよくケンカをしていました。
不思議とケガをしたり、
させてしまったりということはなかったのですが・・

 

仲良しとのけんかで頭部を切って大出血・・

 

真夏のある日、
ママ友数人とランチをしていて、
ごちそうを前に「いただきまーす!」と
お箸を持った瞬間に電話が鳴り…

 

次男くんが頭にケガをしました!
どちらにいらっしゃいますか?
すぐにいらして下さいっ!

 

と、幼稚園の先生からご連絡が。。

 

えぇ~~~(゚д゚)!

 

美味しそうなランチを前に
どう~しましょ・・??
とりあえず、、

 

命に関わりますか?

 

と伺ったら、それはない、とのこと。
頭を少し切ってしまった…と。

 

だったら、、、
せっかくのランチをいただいてから行きましょ~
と、ノンキなことを言いながらも
大急ぎでランチをいただいてから幼稚園へ向かいました。

 

副園長先生からは来園が遅いですっ!
と叱られました・・皆さまはすぐに向かってくださいませ。。

 

到着したころには、
すぐ近所の病院での診察も終わり、
頭に、縫うか縫わないか?
まぁ縫わなくてもいいかな…というくらいの
1㎝強の傷があって、
ちょっと痛そうでしょんぼりしていましたが、
泣きもせずに座っていました。

 

ケンカのお相手は、仲良しの男の子。
とっても気が合って、
いつもはとても仲良く遊んでいるのですが・・
新しいおもちゃの取り合いになったようです。

 

その仲良しくんも、体が大きく力が強い。
なので、ケンカが始まったら
互角の戦いになったようで、
そのおもちゃの角が次男の頭にあたったようです。

 

おまけに次男の頭の傷から
かなり大量に出血したようで、
周りのお友達もびっくりして
大騒ぎになってしまったようです。

 

帰宅してから幼稚園の制服をよく見たら、
背中全面に血のあとがあり、ぞっとしました。。
先生がざっと洗って下さっていたので
そのときは気がつきませんでした。

 

ケガをさせた方が一方的に悪いとは限らない

 

子供のケンカって、、
ケガをさせた方が一方的に悪いとは限らない。

 

兄弟げんかを見ていても、
わが子も含め、
お友達同士のケンカを見ていても、
そこは本当に強く感じます。

 

しつこくしつこく仕掛けられて、
耐えきれずに手が出ちゃう・・
なんてこと、よくあることです。

 

幼稚園くらいでも、
子供は自分に都合の悪いことは話しません。
→ちなみに、大きくなればなるほど話しませんよ・・(^^;

 

なので、次男が頭にケガをしたときも
一方的に相手が悪いとは思いませんでした。

 

たいしたケガではなかったこともありますが、
逆でよかった・・
=ケガをさせてしまった側でなくてよかった・・
と、思ったことも事実です。

 

今回の出来事については、
次男はもちろん、
お相手の仲良しくんと、
もちろん幼稚園の先生、
周りにいたお友達と、
皆さんのお話をよく伺いました。

 

結果、このケンカは
単なるおもちゃの取り合いで、
たまたま、おもちゃの角が
次男の頭にあたってしまっただけ・・
のようで、ねちっこい原因はなかったようです。

 

けんかをした子供たちの心のケアが大切

 

このような場合、
事情をよく聞くことと同時に大切なのは、

 

そのときの子供の感情を受け止めること。

 

どうしたの?
何があったの?
どっちが先に手を出したの?
なんて言ったの?
どうしてそんなことしたの?・・etc.

 

ついつい出来事レベルに
話が向いてしまいがちですが、、

 

ケンカの現場に、
公平な目で見ている大人でもいない限り、
なかなか真相はわかりません。

 

出来る限りの状況を把握する必要はありますが、
そこから先、大切なのは子供たちの心のケアです。

 

新しいおもちゃで遊びたかったんだね・・
取り合いになって悔しかったんだね・・
遊べなくて悲しかったんだね・・
ケガして痛かったね・・
痛くても泣かないでがんばったね・・
ケガをさせてしまってビックリしたね・・
悪いなと思ってるんだね・・

 

などなど、加害者被害者どちらとも
子供の気持ちを汲み取って言葉にして、
投げかけてみてください。

 

子供は、
自分の気持ちをわかってくれている!!
と安心します。ホッとします。

 

ケガをしてしまった子供、
ケガをさせてしまった子供、
どちらも心が震えていますから、

 

安心できる場を作ること、
まずは落ち着かせることが大切です。

 

そしてもし、
ケガをさせてしまったのなら、
ケガをさせてしまったことは謝ります。
その行為はよくないことだ
わかるまで話し合います。

 

人格を否定するようなこと、
だからあなたはダメな子だ!
な~んて口が裂けても言わないでね。。

 

元通りの仲良しになったことで終わり!と思っていたら・・

 

私としては、基本的には
子供はケンカは大いにやった方がいい!!

 

と思っているので、ケンカをしたら、
ケンカ両成敗!
ケンカは、どちらにも言い分がありますから
どちらの言い分もよーーく聞きます。

 

今回は、たまたま次男がケガをしましたが、
逆だったかもしれないのでお互いさま・・

 

と、、、
私は思っていたので、
幼稚園側にも、ケンカのお相手にも、
そのようにお話し、、

 

あとは、治療費の保険のお話とか、
園での生活のこと・・などなど、
事務的なことをお話して終わったつもりでいました。

 

仲良しくんのママさんからは
もちろん誠心誠意の謝罪がありましたし、
もうそれでOK!と思っていました。

 

次男と仲良しくんは、
お互いに悪かったと思うところは謝って、
そのあとは何の後腐れもなく、
また元通りの仲良しに・・

 

それが何よりだわ~~
とホッとしていたのですが・・

 

幼稚園側と、仲良しくんのママさんから
もう~~
こちらが申し訳なくなってしまうくらいの
さらなる

 

謝罪、お詫び、謝罪、お詫び・・!!

 

お詫びのお菓子やら、
汚してしまった幼稚園の制服代やら、
上履き代やら・・

 

最初から謝罪はあったわけですが、
さらにさらに・・です。

 

もう~~
本当に大丈夫ですから~~!!

 

というくらいの謝罪の嵐!だったのです。

 

でも、もし逆の立場だったら、と考えると、
やっぱり誠心誠意、謝ります。
幼稚園から言われれば、
言われた通り制服代も弁償しちゃいますね。

 

子供がけんかをするのはいけないこと??

 

私はあらためて、

 

ケンカ両成敗、
ケンカは、どちらにも言い分がありますから。

 

今回は、たまたま次男がケガをしましたが、
逆だったかもしれないのでお互いさま・・

 

とお伝えしたら、

 

「今までそういう風に
おっしゃって下さったお母様は
いらっしゃいません・・」

 

と、幼稚園の先生がおっしゃいました。
このくらいのケガだと、

 

幼稚園の管理体制が云々・・
おもちゃの品質が云々・・
加害者の親の教育が云々・・
損害賠償が云々・・

 

などなど、
ものすごい量のクレームがくるらしいです。

 

そう~~なんだ・・?!

 

と、かなりビックリ。。

 

もちろん、諸事情ありますし、
ケガの程度にもよりますが、、

 

もう少し、ケンカに対して、
大らかになってもいいのでは・・?!

 

子供がケンカをすることって
そんなにいけないことでしょうか?

 

お互いに言いたいこと言って、
言えなかったら、
次のときはどう言おうか考える。

 

ひどいことを言ってしまったら、
お友達の心を傷つけてしまう、
そういうことは言ってはいけない、
ということを学びます。

 

自分の思い通りにならなければがまんする。
ずーっとがまんしてる子もいると思いますが
自分なりの表現をどうするか、学びの機会です。

 

私は、暴力には絶対反対ですが、
幼い子供のケンカで、
手が出ちゃっても、
それはお互いに痛みがわかるいいチャンス、
加減がわかるいいチャンス、
だと思うのです。

 

けんかをすることも大切な経験の1つ

 

子どものけんかに親が出る・・って、
年齢にもよりますし、
ケガやけんかの程度にもよりますから、
一概にいいとも悪いとも思いません。

 

私が大切だと思うことは、
けんかをした子供たちの心のケア。

 

ケガをした方も、させた方も
どちらもいい気分ではありません、親子とも。。

 

双方の言い分をよく聞くことはもちろんですが、
そのときに、子供たちの感情をくみ取ること。

 

ついつい出来事レベルの話を聞きがちですが、
どう感じていたか?
をわかってもらえると、
子供たちの心の安心つながります。

 

そして、もう1つ。

 

親同士で話をするのはトラブルのもと。

 

子供は自分に都合の悪いことは言いませんから、
それを親が鵜呑みにしてしまうと、
簡単なお話もややっこしくなります。
必ず幼稚園や学校の先生を通しましょう。

 

正直、真相はわからないことが多いです。
子供たちが元の通り、
遊べていたらOK!としませんか?

 

イヤなことを経験することも大切なこと。
それは親子とも・・です。

 

育児=育自
と言われますね。
どういう風に対応するのか、
親としても試されるときです。

 

まとめ

 

次男はよくけんかをしていたので、
危険なことがないかどうか、
幼稚園の先生に伺ってみたことがあるのですが、

 

「次男くんは、これ以上はダメという
加減がわかっているので、
けんかをしていても、見ていて安心です。
限界がわからず、
相手が本当に参っているのに
自分の気が済むまでやってしまう
お子さんが多いので・・」

 

と言われました。

 

これ、家でやっていた兄弟げんかの賜物?!
不思議とケガをしたりさせたり・・が
なかったのは、普段の長男とのけんかで
加減がわかっていたからだと思います。

 

私が、けんかはした方がいい!
と思うのは、まさにこれです!

 

加減がわかる、
限界がわかっている

 

ということ。

 

幼い頃にけんかの経験がないから、
体が大きくなったときに、
感情に任せて相手をボッコボコにして、
重傷を負わせたり、
取り返しのつかないことにつながっていくんだと思います。

 

けんかをして、感情が高ぶっていても、
相手を見て、参っているなと察知して、
もうやめよう、とパッと切り替えられること。

 

感情のコントロールって、練習ですから・・
やっぱり、数をこなしている方が上手です。

 

ちなみに…長男も次男も成長とともに
暴力は一切ふるわなくなりましたよ。
感情のコントロールができるように
なっていったということです。

 

子供のけんか、どう対処していらっしゃいますか?

 

わからない・・自信がない・・
という方、一度お話にいらしてみませんか?
ご自身の心を見つめてみると、
対処の仕方が見えてきます。

 

体験セッション詳しくはこちら

メルマガご登録はこちらをクリック

 

○・●・○・●・○・●・○・●・○

※心の土台を耕していつもフラットな私でいよう!
女性経営者向けメンタルサポート
【ライフチェンジ美人学】中村真弓

○・●・○・●・○・●・○・●・○

 

**********
【ライフチェンジ心理学セッション】

お話伺います…だけのセッションではありません。
ガッツリ学んで行動につながるようにサポートします。
**********

 

体験セッション受付中

▼体験セッションの詳細
こちらをクリック>

▼体験セッションお申し込み
こちらをクリック>

 

メルマガご登録 or LINE公式ご登録で、
通常価格¥10,000→半額¥5,000
にてお受けいただけます。
↓ ↓

・メルマガご登録は
こちらをクリック>
※ご登録の前に内容を少し読んでみたい方は
こちらをクリック>
バックナンバーを少しお読みいただけます^^
LINE公式アカウントご登録はこちら↓

 

 

こんな方へ・・

・子供が独立し、寂しい、悲しい… と思っていてそこから抜け出せない…

・これからは家族や仕事のためでなく、自分のために生きていきたいと思っている…

・でも、やりたいことがわからない

・いろいろ学んできたけど、私の人生変わってない!

・落ち込むことがあると、なかなか立ち直れない

・仕事に対しても、自分に対しても自信がない

・自分の悩みは取るに足らないと思っている

・一所懸命に仕事をしてきたけれど、残りに人生このままでいいのかな?と迷っている方

・もっと強くなりたい!と思っているのに、気分が安定しない方

・心理学に興味がある!勉強してみたい!

・もうちょっと自分で考えよう…とずっと同じことで悩んでいる

・ぬり絵で何がわかるの??

・自分の無意識を見つめてみたい…等々

得られるメリット・こうなります!

・自分の心が本当に感じていることがわかる

・無意識で感じていたことを意識に上げ、気づきが得られる

・言葉にならなかった感情が湧き出てスッキリする

・自分のやりたかったこと、やりたくなかったことがわかり、行動につながる

・すぐに日常に生かせることがわかる

・無心に塗るだけで、心が癒される

ーーーーーーーーーー
都内、横浜の会議室(個室)orオンライン(Zoom)にてお待ちしています。

(都内近郊であればご自宅出張もOK)
ーーーーーーーーーー

体験セッションご感想

・ぬり絵の読み解きは100%その通りで驚いた!

・ぬり絵ひとつで自分の置かれている状況を言い当てられてビックリ!

・体験でこんなにやってくれるなんて思っていなかった

・「フラットな自分軸」というものがわかった

・今までの行動を変えてみようと思った

・人と比べるのはやめようと思った

・話したいだけ話せた

・自分を客観視することができた

・自分が気になっていたことを指摘されて驚いた

・不安や悲しみを出していけたらもっと楽に生きられるかも…と思った

・抑えていた感情を解放しようと思った

・ぬり絵だけでこんなにわかるのかと驚いた

・・等々のお声をいただいたおります!

▼体験セッションの詳細
こちらをクリック>

▼体験セッションお申し込み
こちらをクリック>

 

 

【ライフチェンジ心理学セッション】は、ただお話をお伺いするだけのカウンセリングではありません。

ガッツリと心のことを学んでいただき腑に落とし、実践につながるようにサポートします。

子育て終了後の生き方がわからない50代女性の方を中心に【アートセラピー×心理学】ぬり絵を取り入れた心理学講座をプライベート開催しています。事例は「あなたの日常」です。

※主婦、子育てママ、ワーママ、転職活動中、空の巣症候群予備軍の方など、アラフィフ中心ですが、30代~70代の方までお受けいただいています。

まずはお問合せを♪ご質問・お仕事のご依頼など
こちらをクリック>

セッションを受けると、
◎自分の本当の価値観がわかり、楽になる
◎ありたい自分が明確になる
◎気づきが多すぎて楽しい!
◎コミュニケーションのコツがわかる
◎自信を取り戻せる!
◎問題の解決方法に気づける
◎自分をリセットできる
◎フラットな状態でいられる
◎ビジネスもプライベートもうまくいく!
◎仕事のストレスが減る
◎転職が成功し希望の仕事に就けた
◎想い、魅力が引き出される
◎大丈夫と思える、腹が据わる
◎自分自身の人生を生きられる
・・・etc.
多数のお声をいただいております。

女性限定です。(男性はご紹介のみ)

Facebookはこちらをクリック
フォロー大歓迎です^^

Instagramはこちらをクリック
毎日更新中!フォローして下さいね^^

 

▼中村真弓
色彩心理カウンセラー、心理カウンセラー、 チャイルドアートカウンセラー、国際アートセラピー色彩心理協会会員、玉川高島屋S.C東館4Fたまがわコミュニティクラブ講師、STEP勇気づけセミナーリーダー養成講座修了。
1964年生まれ東京都出身、学習院大学法学部卒業。アドラー流子育て実践歴は20年以上。
子育て終了後の生き方がわからなくなっている50代女性を中心にに
個人セッション、企業・団体さま向けには心理学セミナー・ワークショップなどを開催
また大手宝飾店勤務の経験を生かし、石のヒーラーと共にパワーストーンの販売も行っている。
趣味は海外ドラマ(ER、ダウントンアビー、ホームランドetc.)鑑賞♪神社仏閣巡り♪ネイル大好き♪ノンケミコスメ好き♪石大好き♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください