中学受験であと伸びする驚異的なお友達とその親御さんとは?

今年25才と23才になった息子たちは
中学受験をして、中高一貫の男子校へ入学しました。
それぞれ別の学校です。

 

2人とも、第一希望校には合格できず、
いわゆる「滑り止め校」に入学しました。

 

が、侮るなかれ、滑り止め校・・exclamation
あと伸びする驚異的なお友達がたーくさんあせあせ (飛び散る汗)
今日はそんなお話をしてみたいと思います。

 

滑り止め校だから落ちこぼれることはない?!

 

中学受験をして、
長男次男が入学した中高一貫の男子校は
いわゆる「滑り止め」で入学した学校でした。
※「滑り止め」という表現は好きではありませんが、今回はあえて使います。

 

第1希望、第2希望、第3希望にご縁がなく
2人とも第4希望の学校にお世話になりました。

 

滑り止めの学校に入学するということで、
私の中には、
まぁ~お勉強にはそんなに苦労はしないだろう・・
という考えがありました。

 

もちろん、そうは言っても、
なかなか大変よ~というお話も聞いてはいました。
でもやっぱり、心のどこかには甘い考えがありました。

 

それは、甘い・・
なんていうほど甘いものではなく、
本当に、心底、甘すぎる考えだったことが
入学してまもなくわかることになります。

 

本当に、同級生の皆さん、よくできる!
勉強しなければ、あっという間に本当に奈落の底の成績に。。

 

ただし!
まじめに勉強すれば、きちんと成績もあがります。

 

やればやっただけの努力は報われる・・
自己肯定感が育める、
というのが滑り止め校の特徴だと感じました。

 

塾なしで合格してきた同級生たち・・

 

いわゆる滑り止め校に入学されるお子様は、
いろんな想いで入学していらっしゃいます。

 

その学校が第1希望で熱望の方、
第2志望でまぁまぁよかった~な方、
第1希望でなくても
その学校をよく研究して納得している方、
(↑わが家はこのパターンでした)
親御さんが卒業生なので入学は当り前の方、

 

そしてわりとよくあるケースは、、

 

志望校がまさかの全滅で、
受験当日初めて学校に来た・・
という状態で仕方なく入学する方・・等々、

 

・・くらいまでは想像していたのですが、
私が意外だったのが、

 

スポーツに取り組んでいて、
受験のために、塾のために、
中断したくない!・・
だから、

塾に行かずに合格できる学校にした!

 

というお子様方です。

 

部活で活躍、成績も優秀の文武両道

 

息子たちの学校にいた、
スポーツもできる、
お勉強もできる、
という驚異的なお友達の中には、
このパターンのお子様がいらっしゃいました。

 

その驚異的なお友達は、
体育会系の厳しい部活を難なくこなし、
部活でも優秀な成績を修め、
もちろん引退まで続けながら、
東大や、早慶・・等々に
スルッと現役合格しちゃうのですexclamation

 

なにも、
東大や早慶に入学することだけがいいことだ!
と言いたいわけではないんですよ。。

 

ただ、
中高一貫の進学校に入学する時点で
出口としては大学受験がメインなわけで、
そこで、それなりの結果を残したい、
と思うのは当然の考え。

 

で、その前段階として、
中学受験があるわけで、
その中学受験をどうやって乗り越えるか?
ということは、とても重要なことです。

 

そこで、多くの親がまず考えることは、
小学4年生くらいからの塾通い。

 

なので、
塾通いをしない、という選択は、

その時点ですごい!勇気ある!

 

そういう中学受験にしよう!と、
決断された親御さんがすごいな、
と思いました。

 

子供をそのまま受け入れる器の大きさ

 

中学受験って、とても特殊な世界。
小学校で勉強することだけでは、
到底、合格することは難しく、
さまざまな情報だって大切です。

 

塾なしで受験しようと思えば、
それなりの参考書など、
親御さんがイライラせずに
一緒に解いて教える・・ということが
できなければアウトです。
※または家庭教師+模試・・もありですが・・

 

塾なしで受験という決断をされた
ママさんたち、どんなママさんかというと・・

 

とっても穏やかで、朗らかで、
賢くて、
窮屈なところがなくて…

 

あぁ~
お子さまを信じて、受け入れて
そのままを伸ばして来られたんだな~
という方がほとんど。

 

要するに、ママさんが、
子供をコントロールしていない、
ということですね。

 

あのママさんたちの穏やかさや
そのままの子供を受け入れる器の大きさ・・

 

そういうものが、
驚異的な彼らの育った土壌にあるんだな~
と、お付き合いさせていただく中で
ものすごく感じました。

 

驚異的なお友達とお付き合いできた
息子たちはもとより、
そのママさんたちと
お付き合いさせていただけた私も
本当に良い学びとなりました。

 

ご自分を責めないで・・やり方はいろいろあります

 

こういうお話をすると、

 

うちの子が
言うこと聞かないのは、

勉強しないのは、
私が穏やかじゃないせいだわーあせあせ (飛び散る汗)
賢くないせいだわーあせあせ (飛び散る汗)

 

と、思ってしまうママさん、
いらっしゃいませんか?

 

たしかに、穏やかに子供を受け入れて
子育てできるといいですよね。

 

でも、なかなかそうはいきません。
ご自分を責めないでくださいね。

 

文武両道の同級生の
穏やかで賢いママさんたちはたぶん、
もともと穏やかで賢いご性格なのだと思います。
※もしかしたら、そう見せているだけで
実は陰ではそうとうのご努力をされていたのかも・・ですが・・

 

私のように、
もともとおっちょこちょいな性格の場合は
やっぱり心理学などで知識を得て、
トライ&エラーで繰り返し子育てに実践する、
ということが必要だったなぁと思います。

 

まとめ

 

ママさんのご性格も、
お子さまのご性格も、千差万別。

 

兄弟だって同じではありません。
上の子にはこの方法で通じたのに
下の子には通じない…みたいなことありませんか?

 

それがクロスするわけですから、
まずは、ママさんに合った
お子さまを受け入れる方法を見つけていくこと。

 

さらに、そこから、
それぞれのお子さまに通じる
コミュニケーションの方法を見つけていくことが大切です。

 

特に、
中学生高校生・・という思春期真っ只中の
難しいお年頃のお子様をお持ちのママさん、
お子様としっかりコミュニケーションは
取れていらっしゃいますか?

 

よく話すから大丈夫・・ではなく、
大切なこと、必要なことが
話し合われていらっしゃいますか?

 

今からでも遅くはありません!
今がお子様との関係を変えていくチャンスです!

 

ママさんのご性格にあったやり方で、
さらに、ご兄弟それぞれに合うやり方を
一緒に見つけてみませんか?

 

私が20年以上実践してきた中から
わかりやすく、
行動につながりやすい方法だけを
セッションでお伝えしています。

※Skype・Zoomで全国対応しております♪

↓↓↓

 

心の土台を耕して
いつもフラットな自分でいよう!

20年以上の学びと実践から
わかりやすく行動しやすいものだけを厳選した
オリジナルメソッド【ライフチェンジ美人学】

*心の土台を耕すメールマガジン*
心理のことや石のことなど配信しています^^
ぜひご登録くださいね♪

 

体験セッション
※上記メルマガ読者さま優先予約&特別価格
通常60分10,000円→5,000円!

体験セッションについてはここをクリック

 

セッションを受けると・・・
◎仕事のストレスが減る
◎転職が成功し希望の仕事に就けた
◎コミュニケーションのコツがわかる

◎自信を取り戻せる!
◎問題の解決方法に気づける

◎ありたい自分が明確になる
◎自分をリセットできる
◎フラットな状態でいられる
◎想い、魅力が引き出される
◎大丈夫と思える、腹が据わる・・・etc.
多数のお声をいただいております。

1994年に出逢ったアドラー心理学を始め、
4つの心理学を子育てや人生に実践してきました。

心の土台を耕して、
いつもフラットな私でいることができると、
現状打破する突破口を見つけられます!
〇女性限定です。(男性はご紹介のみ)

=*=*=*=*=

Facebookはこちらをクリック
フォロー大歓迎です^^

インスタグラムはここをクリック
フォロー大歓迎です^^

 

▼中村真弓
色彩心理カウンセラー、心理カウンセラー、 チャイルドアートカウンセラー、国際アートセラピー色彩心理協会会員、STEP勇気づけセミナーリーダー養成講座修了。アドラー流子育て実践歴は20年以上。1964年生まれ東京都出身、学習院大学法学部卒業。女性起業家さま向けに個人セッション、起業・団体さま向けには心理学セミナー・ワークショップなどを開催また石(プレシャスストーン)の販売や、~恵.megumi~のスカーフ販売も手掛ける。趣味は海外ドラマ(ER、ダウントンアビー、ホームランドetc.)鑑賞♪神社仏閣巡り♪ネイル好き♪ノンケミコスメ好き♪~全力でサポートします!ぜひ1度お話にいらしてください♪

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください